衛生管理

施術時の衛生管理

1.施術者は施術前に必ず洗剤で手を洗い、アルコールで手を消毒します。
2.施術中は常にマスクを着用します。
3.患者に針の施術を行う部位は必ずアルコール、もしくは塩化ベンザルコニウム水溶液を使って消毒を行います。
4.単回使用の針は使用後廃棄回収のためにまとめて管理します。
5.金の針は患者ごとに消毒及び衛生管理します。
6.施術後、ベッドは必ず消毒液を塗布した綿花で消毒します。
7.使用したタオル、手ぬぐい、施術着は患者ごとに毎回交換し、毎回洗濯します。

滅菌管理

金の針及びステンレスの針皿、銀の針管、ステンレスの針管の消毒、管理方法

1.金の針は使用後、アルコールで拭き、イルガサンアルコールに1時間浸けます。
2.水洗いした後、イルガサンアルコールに浸けた状態で超音波洗浄機にかけます。
3.水洗いした後、針を砥石で研ぎます。
4.再び水洗いした後、イルガサンアルコールに浸けた状態で超音波洗浄機にかけます。
5.滅菌パックに入れ、シーラーで密封します。金の針はその時にテプラで患者の氏名と認証コードを滅菌パックに貼り付けます。
6.高圧滅菌器にかけます。
7.滅菌パックごと紫外線保管庫で保管します。